You are here: Home / 未分類 / ストレージの選び方

ストレージの選び方

ストレージとはパソコン内部のデータを長期的に保存するためのパーツです。パソコンのメインメモリとは役割が異なり、データは簡単に消えたり壊れたりせず、意図的に壊したり消去をしない限りはパソコンの電源を切っても残りつづけます。

従来、パソコンのストレージには「HDD(ハードディスク・ドライブ)」が使われていましたが、近年ではさらに処理時間やデータの読み書き時間の速い「SSD(ソリッドステート・ドライブ)」も使用されています。SSDは記録媒体にフラッシュメモリを使用しているので、HDDに比べて速度が速いことが特徴です。最新の最強ゲーム用デスクトップには必ずSSDが搭載されています。ゲーム用PCメーカーが認めた性能ということです。

ストレージを選ぶ方法としては、パソコンの使用用途から決める方法が一般的ですが、インターネットや文書作成など基本的な用途に使うのであればHDDでも問題ありません。SSDを後から追加する場合、デスクトップパソコンであれば複数のストレージがほとんどのマシンで搭載可能です。(小型のデスクトップには搭載できないものがあります)

BTO対応モデルなどは、注文時に複数のパーツを組み合わせすることもできるので、ストレージの容量をカスタマイズすることができます。ただしノートパソコンの場合はストレージが1台に限られているため、購入後にストレージ容量を変更する場合は自分で交換しなければなりません。ノートパソコンをお持ちの方で、事前にストレージの容量を上げておきたい方は、BTOカスタマイズで増やしておくとい良いでしょう。